専門家に聞く

Twitterでつぶやく Facebookでシェアする mixiチェック はてなブックマーク Evernoteでクリップする

質問詳細

墓の建立者に名前のある叔母が、私の墓に入る権利があるかどうか質問です。
先日従姉が40代(独身)で急に亡くなりました。その遺骨を従姉の母親である私の叔母が、そうするのが当然のごとく私の家の墓に分骨しようとしています。理由は従姉が生前、叔父である私の父と祖母が大好きだったから、また従姉の父方の祖母が従姉をかわいがらなかったから一緒の墓には入りたくないというものです。
また、叔母自身も私の家の墓に入るつもりだということが判明して戸惑っています。叔母は嫁いでおり、きちんとそちらのお墓があるのですが、実家である私の家にとても思い入れがあるようです。叔母の兄弟は私の父のみです。また、私の父も母も7年前に亡くなっています。私は嫁いでおります。
この件に関しては私の主人、舅、姑も大反対しています。そもそも分骨ということに関してよく思っていないからです。ゆくゆくは私の子供が管理していくお墓です。それが複雑な形になるのは私も嫌ですし、一連の強引な流れに抵抗を感じ、分骨はお断りしたい気持ちになっています。
しかし、父が亡くなって1年ほど経過したころ、叔母が、父が生前15万円だしたら墓の建立者の所に名前を刻んでいいと言っていたから名前を彫らせてねと言ってきました(父が墓を建立したのは20年ほど前です)。私は深く考えず、了承してしまい、今は建立者の所に祖母、父、叔母の名前が彫ってある状態です。
叔母が自分の娘や自分を独断で分骨する権利があるのでしょうか。本当に悩んでいます。どうか教えてください。よろしくお願いします。


回答1

基本的にお墓に誰を入れるかを決めるのは永代使用権者(お墓の名義人)です。(但し、規約によって必ずしも永代使用権者の思い通りにならない墓地もあります。)

現在、そのお墓の永代使用権者はどなたなのでしょうか?その方がダメと言えば入れる事は出来ません。

また、建立者名と永代使用権者とは意味の違うものですから建立者の所に名前が刻んであることをもってそのお墓に入る権利があるという事にはなりません。
あくまで決めるのは現時点での永代使用権者です。

結論として永代使用権者が良いと言わない限り叔母様が娘さんやご自分をそのお墓に分骨する事はできません。

ここからは余計なことですが、叔母様のご兄弟がご相談者様のお父様お一人との事ですので仲のよろしいご兄弟だったのでしょうね。
何とか叔母様との関係を悪化させずに分骨を諦めてもらう方向でお話がまとまればと思います。

ご相談ありがとうございました。

専門家の写真

回答者:株式会社石善/広岡 務

お墓をお持ちの方へ

遺産相続でお困りの方へ

専門家ご紹介

掲載石材店一覧へ
専門家の写真
株式会社いせや
仲川 学

座右の銘

時は金なり
専門家の写真
株式会社大塚
石倉 和幸

座右の銘

善の循環、悪の循環。

専門家のご相談フォームはこちらから