専門家に聞く

Twitterでつぶやく Facebookでシェアする mixiチェック はてなブックマーク Evernoteでクリップする

質問詳細

先祖代々の古いお墓で、お寺が管理していない山の中にあるようなお墓は、特に決められた永代使用権者はいないということでしょうか?
ということは、入りたかったら誰でも入れるということでしょうか?(もちろんお墓参りに訪れるような親族等の内でということですが)


回答1

「先祖代々の古いお墓で、お寺が管理していない山の中にあるようなお墓」は昭和23年に「墓地、埋葬等に関する法律」が制定される以前からあったお墓だと考えられます。
その場合、ご自身の土地にご自身のお墓を建てたのでしょうから特に他の誰かに永代使用権を与えられてはいないと思われます。(村や町で共同墓地という形になっていれば山の中のお墓であっても管理者はいると思います)

「入りたかったら誰でも入れるということでしょうか?」とのご質問ですが、基本的にお墓の管理者(この場合はお墓を建てた方)の許可があれば誰でも入れると思われます。
但し、お墓を建てた方が誰かも分からないような無縁墓になっている場合には答えが無いというのが現状ではないでしょうか。

ちなみに、現在はお墓を造って良い場所は「墓地、埋葬等に関する法律」により決められており、必ず管理者が存在します。

ご質問ありがとうございました。

専門家の写真

回答者:株式会社石善/広岡 務

お墓をお持ちの方へ

遺産相続でお困りの方へ

専門家ご紹介

掲載石材店一覧へ
専門家の写真
神奈川石材株式会社
丹野 成一

座右の銘

一期一会
専門家の写真
株式会社石善
篠塚 恵美子

座右の銘

心の財第一なり

専門家のご相談フォームはこちらから