相続財産とは

Twitterでつぶやく Facebookでシェアする mixiチェック はてなブックマーク Evernoteでクリップする

相続手続きの中で重要なことの一つに、相続税がかかる財産がどれくらいあるのかを調べる手続きがあります。

相続税の対象となる財産には大きく分けて、
1) 本来の相続財産
2) 生前の贈与財産
3) みなし相続財産

の3つに分けることができます。

1) 本来の相続財産

相続人による遺産分割の対象となる財産のことです。

2) 生前の贈与財産

相続により財産を取得した者が、相続の開始日から3年以内に取得した被相続人からの贈与財産のことです。
これらの財産はすでに被相続人の所有から外れていますが、相続税の計算上は本来の相続財産に上乗せすることになります。

3) みなし相続財産

本来的に被相続人の財産ではありませんが、相続税の計算上はこれを相続財産とみなして、本来の相続財産に上乗せする財産のことです。
死亡保険金、死亡退職金などがこれに該当します。

相続される財産の範囲

相続する財産は、相続開始のときに、被相続人の財産に属した一切の権利・義務となります。
ただし、被相続人その人に与えられた権利・義務・資格など、一身に専属したものは除かれます。