相続財産の調査(財産目録の作成)

Twitterでつぶやく Facebookでシェアする mixiチェック はてなブックマーク Evernoteでクリップする

被相続人が遺した相続財産を調べて、財産目録や一覧表を作成します。
それをすることによって、どのような財産がどれだけあるのかを把握することができるので、相続をするのか、相続放棄をするかの判断などができます。

遺産分割のための基本資料になるので、速やかにかつ正確に行う必要があります。
もし、漏れがあると、遺産分割をやり直したり、相続税の申告漏れになってしまうこともあるので注意が必要です。

相続財産の調査をしつつ、財産目録にまとめていきますが、特に決まった様式というのはありません。

なお、ここでいう相続財産には、資産(土地・預貯金・株式など)のみならず、負債(借金など)も含まれますが、被相続人その人個人に与えられた権利・義務・資格など、一身に専属したものなどは除かれます。