相続手続きの手順

Twitterでつぶやく Facebookでシェアする mixiチェック はてなブックマーク Evernoteでクリップする

まずは、相続の全体の流れを簡単に図で見てみましょう。

相続手続きの流れ

相続手続きの流れ

解説

死亡届の提出

死亡届は、7日以内に死亡診断書を添付して、市区町村長へ提出します。

葬式費用の領収書などの整理

相続財産から控除することができます。

遺言書の有無の確認

遺言書があれば、家庭裁判所で検認を受けてから開封します。

相続財産・債務の概略調査

相続放棄または限定承認をするか否かを決めていきます。

相続放棄または限定承認

家庭裁判所に申述します。

相続人の確認

被相続人と相続人の本籍地から戸籍謄本を取り寄せます。

所得税の申告と納付

被相続人の死亡日までの所得を税務署に申告します。

相続財産・債務の調査

相続財産表などのチェックリストを作成します。

相続財産の評価

相続財産の評価の方法は難しいので、わからないときは専門家にご相談ください。

遺産分割協議書の作成(遺産分割協議)

相続人全員の実印と印鑑証明書の添付が必要です。

相続税の申告書の作成

納税の方法、延納・物納の検討をします。

相続税の申告と納付

被相続人の死亡時の所轄税務署に申告とともに納税します。延納・物納をするときは、このとき申請します。

相続財産の名義変更手続き

不動産の相続登記や郵貯金・有価証券の名義書換えの手続きをします。