相続欠格(そうぞくけっかく)

Twitterでつぶやく Facebookでシェアする mixiチェック はてなブックマーク Evernoteでクリップする

次のような事由に該当すると、何の手続きがなくても相続権を失い、また、遺贈(いぞう)を受ける資格も失います。

1. 故意に被相続人(死亡者)、または先順位もしくは同順位の相続人を殺し、または殺そうとして刑に処せられた者(過失致死や傷害致死は含まれません)

2. 被相続人が殺されたことを知っていながら、告発、告訴しなかった者

3. 詐欺、脅迫によって、被相続人の遺言の作成、取消し、変更を妨げた者

4. 詐欺、脅迫によって、被相続人に遺言をさせたり、取り消させたり、変更をさせた者

5. 被相続人の遺言書を偽造、変造、破棄、隠匿した者