生命保険金について

Twitterでつぶやく Facebookでシェアする mixiチェック はてなブックマーク Evernoteでクリップする

被相続人が保険料を負担していた場合、受取人を指定していれば、その保険金は受取人の固有財産になり、遺産分割の対象とはなりません。
たとえ相続人が相続放棄をしても、生命保険金は受け取ることができます。
ただし、相続人が受取人の場合、他の相続財産を分割するときに、生命保険金を取得したという事実が特別受益として考慮されることはあります。

受取人が誰になっているかのケースごとにみてみましょう。

1) 受取人を「相続人の誰か(例えば妻)」としてあるケース

保険金は相続財産とはなりません。
保険契約に基づき、受取人に指定してある相続人(この場合は妻)が全額を受け取ることになります。
ただし、受け取った保険金が特別受益として考慮されることはあります。

2) 受取人をただ単に「相続人」としてあるケース

相続財産とはいえませんが、相続人全員が保険契約に基づき、保険金を受け取ることになりますので、遺産分割協議の対象にはなります。

3) 受取人を「被相続人」としてあるケース

相続財産となります。
保険契約に基づき支払われる保険金は、一度被相続人に帰属するからです。
したがって、遺産分割協議の対象になります。

補足) 保険金と税金

保険金と税金
被保険者 保険料負担者 保険金受取人 税金の種類
被相続人 被相続人 相続人 相続税
被相続人 相続人 相続人 所得税
被相続人 相続人 相続人以外 贈与税