遺産分割

Twitterでつぶやく Facebookでシェアする mixiチェック はてなブックマーク Evernoteでクリップする
1)遺産分割とは

相続財産については、相続開始(被相続人の死亡)と同時に、いったん相続人全員による遺産の共同所有という法律関係が生じます。
たとえば、被相続人である夫が死亡すると、その死亡と同時に、夫の遺産は妻と子供の共同所有という法律関係が生じます。

しかし、それはあくまで暫定的な形態です。最終的には、個々の相続財産は、共同相続人にそれぞれ配分され、各共同相続人の単独所有に移行することになります。
そのための法的な手続のことを、遺産分割といいます。

2)遺産分割の方法

相続人が2人以上いる場合は、相続財産を分けることになります。
相続財産が全部現金や預金であれば、割合どおりに分ければいいので簡単ですが、実際には土地や建物があったり、宝石類や絵画があったりと、そのまま物理的に分割できないものの方が多いので、そう単純にはいきません。
これらの評価額は時に変わることもありえますし、仮に評価が一致したとしても、相続分の数字どおりにきれいに分けられない場合があります。

そこで、分割の方法には以下の3つがあります。

現物分割

遺産を現物のままで分ける方法。全部を共有にしたり、「この土地はAのもの」「この建物はBのもの」「宝石類と絵画はCのもの」と分けることになります。 多少の損得は気にしないということになります。

代償分割

共同相続人の1人または数人が遺産の現物を取得し、その現物を取得した者が、他の相続人に対し、自分の現金などをもって支払う分割方法。
たとえば、現物分割の結果、あまりにも相続人の間の相続分の差が激しい場合は、少ない者に対して、その不足分のお金を渡します。
また、現物を全く受け取らない者に対して、その不足分のお金を全て支払って、現物の代わりにしてもいいことになります。

換価分割

共同相続人の1人または数人が、遺産を売却し、その代金を相続人の間で分割する方法。
なお、換価代金には譲渡所得税がかかります。