法定相続人

Twitterでつぶやく Facebookでシェアする mixiチェック はてなブックマーク Evernoteでクリップする

誰が相続することができるのかについては、遺言がある場合を除いて、民法では財産を相続できる順位と割合を定めており、これを「法定相続」といいます。

現在の法律では、

1)配偶
2)直系卑属(子・孫・ひ孫)
3)直系尊属(父母・祖父母・曾祖父母)
4)兄弟姉妹

が法定相続人とされ、その優先順位は以下のとおりです。

1)配偶者 → 常に相続人になります。

配偶者として相続権が与えられるためには、法律上の婚姻がなされていることが必要です。
内縁(事実婚など)では相続権は発生しません。
なお、離婚した場合、元の配偶者には相続権はありません。

2)直系卑属(子・孫・ひ孫) → 第一順位

被相続人の血族の中で第一番目に相続人となります。
被相続人より子が先に死亡している場合、孫がいれば孫が死亡した子に代わって相続人となります。(「代襲相続(だいしゅうそうぞく)」といいます。)
被相続人の子であれば、養子であっても、また、嫡出子(ちゃくしゅつし)であろうが、非嫡出子(ひちゃくしゅつし)であろうが、同順位での相続人となります。

なお、非嫡出子とは、婚姻届を出していない男女の間に生まれた子のことをいいます。
非嫡出子は、母が死んだ場合は相続人になれますが、父が死んだ場合は、父がその子を認知して、戸籍上の届出をしている場合に初めて相続人となれます。

また、再婚した配偶者に連れ子がいた場合は、法律上の親子関係がないので、相続人とはなりません。

3)直系尊属(父母・祖父母・曾祖父母) → 第二順位

被相続人に、第一順位の人(子・孫・ひ孫)がいない場合に相続人になります。
なお、父母のどちらかが健在であれば、祖父母まで遡りません。

4)兄弟姉妹 → 第三順位

第一順位・第二順位の人がいない場合に相続人になります。