被相続人の死亡と死亡届

Twitterでつぶやく Facebookでシェアする mixiチェック はてなブックマーク Evernoteでクリップする

人が死亡したときは、「死亡届」を住所地の市区町村役場の戸籍課に提出する必要があります。

この死亡届は、病院、葬儀社、届出先に用意されており、この届出をすることで、火葬や埋葬の許可が下りることになります。死亡届を出す期限は、死亡の事実を知った時から7日以内となっています。

添付する書類としては、「死亡診断書」が必要となります。
入院中の死亡の場合は、病院が作成します。
事故死などの場合は、検死にあたった医師が「死体検案書」を作成します。

死亡届は、死亡者の同居の親族、親族以外の同居者、家主、地主、同居していない親族などが届けます。