代襲相続(だいしゅうそうぞく)

Twitterでつぶやく Facebookでシェアする mixiチェック はてなブックマーク Evernoteでクリップする

相続開始前に推定相続人となる人が、

・被相続人よりも先に死亡していた
・相続欠格事由で相続権を失っていた
・相続廃除により相続権を失っていた

場合、推定相続人の直系卑属が、推定相続人に代わって相続人になることをいいます。

代襲相続は、相続人が子などの直系卑属、または兄弟姉妹の場合に認められます。
つまり、配偶者や親などの直系尊属には認められません。
子が相続人の場合には、代襲相続人は、子の子と孫まで認められます。

一方、兄弟姉妹が相続人の場合には、代襲相続人は兄弟姉妹の子までで、孫は代襲相続人に はなりません。