遺産分割協議

Twitterでつぶやく Facebookでシェアする mixiチェック はてなブックマーク Evernoteでクリップする

遺産分割は、いつまでにしなければならない、という決まりはありません。

しかし、亡くなった人(被相続人)の有効な遺言がない限り、被相続人の死亡と同時に、その遺産は遺産分割協議が終わるまでは、相続人全員で共有している形になります。
このままですと、相続人がその遺産を自由に使用したり、処分することができません。

そこで、個々の財産を各相続人の所有とするためには、「遺産の分割」をして、名義を変える手続が必要となります。

なお、共同相続人は、いつでも協議(相続人全員による話し合い)による分割を求めることができます。

遺産分割の割合は、相続人全員の合意があれば、必ずしも法定相続分どおりにする必要はありません。
亡くなった方のお気持ちを考えながら、相続人同士が思いやりをもって話し合いを進めてください。
話し合いがうまくまとまるのであれば、その内容はどんなものでも構いませんが、遺産分割協議は、必ず相続人全員で行わなければなりません。

参加すべき相続人を除外して遺産分割協議がなされた場合などは、無効となってしまいます のでご注意ください。